モンパル(本田技研工業株式会社)の特徴

モンパル

介護保険を利用した場合の月額レンタル料金:2,700円~

 

機能:
横幅が59.5cmと幅がせまくコンパクト。
座面が柔らく、非線形スプリンング付き独立フロントサスペンションかい。乗り心地が良い。

 

簡単な操作系
・走行レバーを押し下げると走行し、レバーを離すと停止する簡単操作。前後進はスイッチの切り替えで可能。
・スロープや段差でもふらつきにくいループハンドルと、長時間操作しても疲れにくいように両側に走行レバーを新たに採用。
・バッテリー残量や充電状況、手動ブレーキの作動状況がひと目で判る大型操作パネルを採用。

 

高い走行安定性と快適な乗り心地
・非線形スプリング付き独立フロントサスペンションと、フローティングアクスル式リアサスペンションの採用により、傾斜地や段差で抜群の接地性を発揮、高い走行安定性を実現。クッションを厚くし背もたれを高くした新開発のシートとあわせ、クラストップレベルの快適な乗り心地を実現。
・高出力ブラシレスモーターと、デジタルマップデータに基づき、登坂角度および走行速度に応じてトルクを最適に制御する新開発の高効率制御システムの採用により、上り坂でもスピードの低下の少ない優れた登坂力や、スムーズな発進・停止と旋回フィーリングを実現するとともに、1回の充電での連続走行距離25kmを達成。
被視認性を高めた先進のデザインと高い安全性
・軽快でスリムなフォルムと、運転者を守るしっかり感を表現した特徴的なU字型ピラーデザインの採用により、スタイリッシュな先進デザインを実現。
・前輪の向きや動きが見やすく操縦性の高いフロントフェンダーを採用し、全幅を595mmとすることで取り回しに優れたスマートパッケージを実現。
・「LONGデザイン」コンセプトの採用

 

ヘッドライトなどの光源が車体中心部分にある場合、ドライバーや歩行者が電動カートとの距離感をつかみにくいケースが多いため、車体の高い位置に方向指示器とLEDが常時点灯するハイポジション・テールランプを、低い位置に2灯

 

ヘッドライトとリフレクターをそれぞれ配することで、リフレクター付きホイールカバー※3とあわせて被視認性を向上。
・緊急の停止時に走行レバーを必要以上に握り締めてしまった際、自動的に停止する緊急握り込み停止機能を備えるとともに、前後進スイッチには、始動時に常に前進側へリセットする自動リセット機能を採用、万一の際に備えた高い安全性を実現。
・回転シートには回転させた状態では走り出さないインターロック機能を採用。
・パンクの心配がないパンクレスタイヤを採用

 

そのほか

ホンダ電動カートのモンパルは、旧モデルのモンパルML100からモデルチェンジし現行モンパルML200となり大きくデザイン含め性能が向上しています。

 

ホンダは「従来のモデルとはまったく違う」をキーワードにモンパルを開発。
[安心][快適][おしゃれ]をキーワードにした「スマートパッケージ」をキーワードに、アクティブに若々しい今の時代を生きるシニア層に支持される、斬新なデザインの新型モンパルを創り上げました。

 

ホンダのモンパルの試乗を行うと、シートクッションの良さ、走行時の安定性には電動カートとしては別格の乗り心地を実感できます。

 

非線形スプリング付独立フロントサスペンションという自動車メーカーのホンダモンパルならではの技術を駆使しNO1の乗り心地を実現しています。

 

また、モンパルは、走行時に、ハンドルから操作方向が確認しやすい様にフロントフェンダーを採用しスムーズな運転操作を可能にしています。

 

狭い歩道や障害物が比較的多い環境でご利用を考えている方に最適です。

 

また、高出力ブラシレスモーターと新開発の高効率制御システムの採用により、 上り坂でもスピードの低下の少ないトップクラスの登坂力と1回の充電で25kmの走行が可能です。

 

モンパルの充電方法は簡単で、モンパル本体から充電コードを取り出しコンセントに差し込むだけです。
充電中、充電完了の状態は操作パネルで簡単に確認することができます。

 

ご利用になられたら充電を行い、翌日乗る時にコンセントを抜けば大丈夫です。

 

モンパルの主要諸元

■寸法(全長×全幅×全高):1,190×595×1,045mm
■本体重量(バッテリー含む):115kg
■最高速度:時速6キロ
■安全登坂角度:10°
■連続走行距離:25km
■最少回転半径:1,430mm
■段差乗り越え高さ:90mm
■使用者最大体重(積載物含む):100kg

 

モンパルの歴史

ホンダのモンパルは、1999年6月より全国の汎用商品取扱店、及びホンダ二輪販売店から発売された。

 

初期モデルは、「モンパルML100」。「後ろ絞りデザイン」を採用し、後輪に大型リヤタイヤ、サポート重視のシートなどを採用し安心感と快適性を追求し開発された。

 

当時は、電動カート=3輪のイメージが強く4輪モデルが少しづつ普及される中で、後輪に大型のタイヤを採用したことにより多くの方に安心感を与え高い評価を得られました。

 

実際に使う様々な方の声やリクエストを参考に、ホンダは2006年3月に現行モデルの「モンパルML200」を発売し同じく全国の汎用商品取扱店、及びホンダ二輪販売店から発売。

 

この「モンパルML200」は大型展示会イベントに出展すると同時に、ホンダの高い技術力及びデザインにより多くの方に高い評価を得ることができました。

 

現行モデルのモンパルは、販売主体で展開している為、介護保険で取扱い業者が少ないのが現状です。

 

ココドールでは、「モンパルML200」の取り扱い及び無料試乗が可能です。

 

是非、1人でも多くの方にホンダモンパルのデザイン性、高い安全性に対しての技術を体験していただければと思います。


体験試乗を実施中

試乗を希望される方に出張実演や体験試乗を毎日実施しております。ご希望の車両をお持ちしますので、ぜひご自宅周辺でお試しください。

※上記のフリーダイヤルでつながらない場合は、こちらの番号(048-964-2665)までお電話ください。
トップへ戻る